This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalised service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our cookie notice for more information on the cookies we use and how to delete or block them.

Bookmark Print page

VAT および関税

 English / 日本語 

関税、埋立ゴミ処理税、保険プレミアム税等の間接税同様、VATもあらゆる企業活動に影響を及ぼします。プランニングを適切に行ことにより、税務上のメリットを得ることも可能です。デロイトでは間接税に関するあらゆる懸案事項や問題についてアドバイスを行い、法令に適合した形でのVATの節減のお手伝いをいたします。

VATを誤って処理したことによる財政上費用は、会社経費を圧迫し、最悪の場合事業の存続に影響を与えることもあります。米国で2002年サーベンス・オクスリー法が導入され、また他の国でも同様の法律が当局により導入されたことにより財務関係のコンプライアンスの負担が増加し、税務関連書類にサインをする責任者に大きな焦点が当てられています。

デロイトのコンサルタントはクライアントが機会を最大限に生かし、コストを最小限に抑え、様々な間接税に関する問題を解決するための対応策についてアドバイスしております。節税を行うため、攻撃的な対策は必要はありません。我々は税務当局の調査を受けるリスクを最小限にし、企業の税務対策を最善の状態にするお手伝をいたします。

デロイトでは、EU各国の専門家と連携し、税務上の負担を他社に比べて優位な立場に導きます。

関税

国際間の商品移動は、国境を越えることを意味し、関税法令遵守と正確な関税を支払うことが要求されます。

デロイトの関税、国際貿易グループは4つの専門分野を持ち、経験豊かな専門家が関税を最小限にし法令遵守義務を効果的にかつ効率的に果たすためのお手伝いをいたします。

関税プランニングおよび法令遵守

デロイトの関税チームは関税コストを最小限に抑えるお手伝いをいたします。商品および請求書の流れを検討することにより、関税コストを最小限にする対策をアドバイスいたします。

HMRCは法令遵守に焦点を当てています。違反者にはたとえ関税の対象外である輸出であっても、厳しい罰金を課します。デロイトは貴社がブローカーに委任取引を行う場合でも法令遵守をされるようお手伝いをいたします。

関税債務確認システム

デロイトが開発した関税債務確認システムは、企業が関税問題を認識することを容易にするために開発された方式です。関税対象商品を取り扱う会社は、確実に関税を支払う義務があり、法令遵守のリスクが高くなります。

輸出管理専門チーム

  • 法令遵守および安全性は商品の国際取引で重要な要素となりました。大多数の国は誰が何を誰に供給しているかを管理する特別な施策を設けています。
  • 特定の産業(原子力、海洋、化学等)のみならず電機、IT、通信、航空等の他の産業も対象となっています。
  • デロイトは、輸出ライセンスが必要かどうか、また米国、EU、その他各国の基準に準拠しているかどうかを確認する専門チームを有しています。

AEO (Authorised Economic Operator)

欧州連合で関税処理に重大な影響を与える改正が2007年から2008年に行われます。
主な改正点は以下の通りです。

  • 原則としてEUにおいては、今後関税書類を電子申告することとなります。
  • 新安全対策はEU加盟国をテロの脅威から保護することが目的で、出発地の港を離れる24時間前までに商品の電子到着出発前申告を行う必要があります。
  • AEOの資格を取得することが関税及び商品流通の安全促進及び簡素化を利用できる唯一の方法となります。
  • AEOは商品物流の管理及び安全制度、支払能力、および法令遵守記録に関する共通の条件を満たす申請者に認可されます。

AEO制度の下では、関税書類が完全であることを確認し、その書類を電子送信できることが必要です。それに加え、AEOの資格がなければ, 商品の関税通過手続の時間が増えることによりサプライチェーンに悪影響を及ぼします。たとえば、AEOの資格を持たない会社が所有する商品が入っているコンテナは関税通関手続のために順番待ちをしなければならず、また係官が現物を調査する確率も高くなるものと思われます。その結果、運送業者は将来AEOの資格を有する会社の積荷を別に取り扱い、迅速なサービスを行うようになると予想されます。

デロイトはEU 各国で既に法令の改正を実務に結び付け、何が事業に影響を与え、効率を高めるためには何をすべきか検討を行っています。サーベンス・オクスレー法と同様、AEOの資格導入は関税法令遵守を安全なサプライチェーンに正しく組み込むことにあります。デロイトは改正に向けたクライアントの準備が整っているかをチェックし、改正への手順を設定することで、法令を遵守できる会社として認証され、AEOの資格を受理されるようにいたします。

e関税

デロイトのe関税チームは、関税の取り扱いを自動化できるようシステムを開発しました。このシステムにより輸出入を自動的に報告できるようになります。また、この制度を導入することにより、導入費用を半年で吸収でき、管理コストを大幅に削減できます。主なメリットは以下の通りです。

  • 法令遵守義務を効率的に取り扱い、関税コストを最小限にし、なおかつ時間を節減することが可能となります。
  • HMRCはペーパーレスを推進しており、企業が自動的に関税法令遵守義務を満たすよう要求しています。
  • 関税法令遵守義務を外注する方がコスト高になるため、このシステムを導入することにより費用削減を可能にします。

デロイトでは、以下のような対策をご提供しています。

  • E-Dec Solutions: 輸出入の法令遵守対策をEU加盟国14カ国の関税当局とオンライン化
  • ConsulTrade: 複雑な関税手続を監視
  • SAP国際貿易サービス: 関税法令遵守モジュールをSAPと密接に連携

Share this page

Email this Send to LinkedIn Send to Facebook Tweet this More sharing options
Follow:

Get in touch

More on Deloitte