This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalised service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our cookie notice for more information on the cookies we use and how to delete or block them.

Bookmark Email Print page

新しいタックス・コンプライアンス制度

シニア・アカウンティング・オフィサーによる説明責任

新しいタックス・コンプライアンス制度: シニア・アカウンティング・オフィサーによる説明責任

 

Background

2009年英国予算における予想外の発表を経て、シニア・アカウンティング・オフィサー(以下、SAO)制度は2009年7月21日に法制化されました。このような制度は英国税法上過去に例をみないものであり、本制度は、企業そのものとあわせて、個別の役員に対して、個人としての義務および罰金を課すものです。本制度は、明らかに、会計または税務部門ではなく、上級の財務担当役員に向けらており、金銭的な罰金は過度なものではないかもしれませんが、より広範な信用上または規制上の企業およびその個人に対する影響は、深刻なものとなり得ます。本制度の明示的な理論上の根拠は、認識されている説明責任の隙間を解消することです。すなわち、経営陣の上層部が、真摯に正確な税額を計算し申告するシステムおよびプロセスを導入することを担保するものです。

Page Last Updated

Share this page

Email this Send to LinkedIn Send to Facebook Tweet this More sharing options
Follow:

Get in touch

More on Deloitte