法人税

English / 日本語

英国および欧州の日系企業に影響を及ぼす法人税に関する問題への取り組み

デロイト日系企業法人税チームは、英国および欧州における日系多国籍企業へのサービス提供を目的として設立されました。日系企業のビジネスに焦点を絞ることにより、日系企業に影響を与えるあらゆる法人税に関する問題について経験を積み重ねております。また、それぞれの企業固有のニーズにあった統合した解決策を発展させてきております。

我々のチームは、複雑な英国および国際税務の問題について、クライアントの希望に基づき日本語での説明も可能とする英国での経験及び資格を持つ税務専門家を擁しております。さらに、我々のサービスをより高いものにするため、日本におけるDeloitteのメンバーファームである税理士法人トーマツとの密接な連携を通じて、日本における本社への影響を含めた税務上のアドバイスを可能とする日本の会計士、税理士の英国駐在を長年続けております。

デロイトは、産業別の知識についても重要なものと捉えております。クライアントに提供する付加価値は、単なる税務上のアドバイスに留まらず、業界における国際的な問題に関する広範囲な理解も含んでおります。現在、デロイト日系企業法人税チームが英国で担当する企業は約300社以上に及ぶ全産業分野を網羅したものであり、その多くには著名な大企業を含みます。

デロイトが選ばれる理由

私どもの日系企業への提供サービスに関する経験の深さは他のどの会計事務所にも劣らないものと自負しております。

英国において事業を開始し、その展開、資金調達、清算、その他の撤退戦略といった一連のビジネスサイクルにおいて発生するあらゆる税務に関する問題についてのアドバイスを提供しております。

英国は、日系多国籍企業にとっての欧州持株会社または拠点となる会社の設立国として、欧州の中で最も多く選択される国の一つです。我々の多くのクライアントは単に英国内での事業の責任に留まらず、欧州全域の経営にも携わっております。デロイトの国際税務に関する専門知識により、我々はEU法の改正による影響および節税対策の機会を含むクロスボーダーの案件についても、広範囲にわたるアドバイスを可能としております。

我々のアプローチは、クライアント固有の取引及びビジネス上のニーズを理解することに焦点を置いており、実務の観点に立つことを心がけています。このことにより、我々の税務アドバイスはクライアントごとの要望に沿った実行可能なものとなります。

また、デロイトの専門知識は単に税務アドバイスのみに留まらず、詳細な実行スケジュールの計画から、税務関連の認可が期限内承認の確実化までを含む実務的な業務にまで及びます。特に、複雑な組織再編成を含む汎欧州および世界的なプロジェクトの指揮、調整に関しての経験を有しています。

私どもが関与させていただいた最近の日系多国籍企業に関わる税務コンサルティングプロジェクトには以下のようなものがあります。:

  • 企業が得た利益を欧州へ再投資し、日本への還流を同時かつ効果的に達成する一方で、EU加盟国及び非加盟国の法制度に企業グループの事業目的を合致するように、欧州での事業形態を再編成するアドバイス及びその実行のサポート
  • 汎欧州グループで法人税の実効税率を低下させると同時に、業務を効率化するための税務観点からのサプライチェーンのプランニング
  • 世界規模でグループ企業の財務コストを低下させるためのグローバルキャッシュマネジメントプランの実行可能性調査
  • EU指令と英国の法律の相互作用から発生する国際間のVATの問題に関するアドバイス
  • 税務当局とのAPA(事前価格合意制度)による二重課税リスクの減少及び税務上の欠損金の確定化に関するサポート

広範囲にわたる日系企業のサポート

私どもデロイトでは、監査、コーポレートファイナンス、人事からビジネスコンサルティングまで全分野を網羅し日系企業サービスの充実を常に図っています。